スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25本目 ニコチンは足りてる。でも不安。 

離煙パイプでの禁煙方法で、あまり31日以降(離煙パイプ生活以降)のことを書きますと、「な~んだ。結局離煙パイプだけじゃ禁煙は難しいんじゃないか? 」と思われてしまいます。

いくら科学的に、
「ニコチンはあなたの体内にもうほとんど無いのですよ」
だから
「ニコチンによる禁断症状は出るはずがない」
といわれても、吸いたくなるのは事実です。

離煙パイプのすごいところは、
まずストレス無く体内からニコチンを取り除いてくれることです。

脳をだましながら、ニコチンを体内から減らします。普通ならば、死ぬ思いで我慢しなければならないこのニコチンとの戦い。それを避けることができるだけでもすばらしいと思いませんか。

でも、習慣で築き上げた、タバコとのお付き合いの方は簡単に分かれることはできません。
それを克服するために私は

「何でタバコがすいたいんだろう? 」と考えました。

そして、その答えを探します。

ニコチンがほしいわけではない」ので

「クチが寂しいだけ」→キシリトールガムで対応
「肺に刺激? が欲しいだけ 」→深呼吸

でもこの肺への刺激は、すでに31日間でスカスカ煙を体に慣らしていますので、あまり関係ありませんでした。

それでもどうしても吸いたくなったとき、私は本物のタバコを手に持ち吸いました。離煙パイプ生活終了後に捨てずに残していたタバコです。当たり前ですが、決して火は点けません。

そして、喫煙者だった頃のように吸ったふりをします。本物を持つことで、これが結構落ち着き、お勧めです。

「ただなんとなく。特別な理由が見つからない。でも無性に吸いたくなる。」

実はこれは、禁煙開始1年になろうとする私でもたまにあります。

31日を過ぎた皆さんは、もうニコチンをもう必要としていません。
その事実を理解してください。
すると、タバコ自体が不要であることが分かってきます。




雑感・・・
今日の記事は850文字前後。10分チョッとで入力できれば、検定1級レベルです。最近少々入力スピードが鈍ってきました。このブログへの投稿は良い入力練習となります。が、考えながら打つといつもブログに向かう時間は20分はかかってしまいますね。

新事実発見!
タバコを吸いながらニコチン摂取を減らし、
ストレスを感じずに
禁煙へと導く方法があった!



失敗できない禁煙法!?離煙パイプの詳細はこちらです



【気づいたら吸いながら禁煙していた、禁煙ブログです】
TOPページはこちら


様々な健康と医療に関する情報を人気blogランキングで調べるrank
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://capamember.blog12.fc2.com/tb.php/27-52296923

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。