スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14本目 離煙生活15日目突入! 

折り返しです。離煙パイプ生活15日目です。

本日タバコから摂取しているニコチン量は離煙パイプ生活をはじめたときより45.5%減ということになります。その減少を私の体はどのように感じているのでしょう。

正直、今まで吸っていたタバコに比べて、「煙が肺に落ちていく感覚」は格段に減ってきています。それでも、ニコチン不足からくるストレスは感じません。どうしてか分かりません。本数も少しずつですが減っており昨日は35本。

ニコチン量が減少しているとはいえ、基本的にいつでもタバコが吸えるという安心感があれば、喫煙者には大きな問題にはなりません。

私の体はニコチンが減っていくことを受け入れてきています。「禁断症状」が現れません。

今後の敵は「タバコがなくなる不安感」とどう向き合っていくかでしょう。ニコチンが体に注入できなくなる不安かと思っていたら、ただ単にタバコが目の前から消えていく不安感。これが一番の敵であることが少しずつ見えてきました。

喫煙者は骨折の痛みは我慢できても、タバコが我慢できない。

喫煙者は声が出ないくらいのどが痛くてもタバコが我慢できない。

喫煙者はタバコを止めるくらいなら食事を1回くらい抜くのは平気である。

新事実発見!
タバコを吸いながらニコチン摂取を減らし、
ストレスを感じずに
禁煙へと導く方法があった!




失敗できない禁煙法!?離煙パイプの詳細はこちらです



【気づいたら吸いながら禁煙していた、禁煙ブログです】
TOPページはこちら


様々な健康と医療に関する情報を人気blogランキングで調べるrank
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://capamember.blog12.fc2.com/tb.php/16-fd6f3ec2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。